レトロ・ヴィンテージの食器・雑貨と益子焼などの和食器のお店

ご利用ガイド
営業日カレンダー



※赤字の日は定休日です。
  • URiM〜こびとの雑貨店〜について
  • URiMが考える“昭和レトロ”とは
  • URiMの取り扱い商品について
いくつ知ってる?ファイヤーキングの種類
rss atom
太陽と三日月のお皿 益子焼/西丸太郎さん
シェア (facebook)
<img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons14.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />太陽と三日月のお皿 益子焼/西丸太郎さん


型番
WA00036
販売価格

2,484円(税込)

在庫数
在庫残り 1個です。
購入数
益子焼の作家、西丸太郎さんの作品。



ひとつのうつわの中に、太陽と三日月が描かれています。
マットで少し粗い質感のうつわに、おぼろげな太陽がとても幻想的。
ずっと見ていても飽きません。



西丸さんのうつわは、どこか 物語を見ているような感覚にさせてくれます。
このお皿を見たとき、私は宮澤賢治の『よだかの星』を思い出しました。
見る人によって、何かを感じさせてくれるうつわって、とても素敵ですね。
ていねいな物作りをぜひ手に取って感じてみてください。




大きさは、女性の手でもって掌に収まるくらいの小皿なのですが、存在感は抜群。
取り皿やケーキなどのお菓子を乗せて使うとちょうどよい大きさです。





こちらの商品は在庫が2個あります。
人の手で作られたものなのでそれぞれの大きさ、重さ、作りなどはやはり若干違います。
基本的にご購入の際のご指定はお受けできかねます。何卒ご了承くださいませ。


サイズ φ約15cm × 高さ 約3
φ約15.5cm × 高さ 約3.6
重さ 約217g、約235g
状態 ★★★★★
益子焼の作家さん手作りのお品です。
自然な風合いをお楽しみください。
注意事項 陶器の使い始めは、お米のとぎ汁で煮沸するのが基本です。
お米のとぎ汁の粘りが、目に見えない陶器の小さな穴を埋めて、汚れがしみにくくなるからだそう。
また、使う前によく水をかけて洗ってからお料理を盛り付けることでもシミやにおいを防ぐことができるようです。
それでもシミができる場合もありますが、そのシミもそのうつわの"味"として大切に使っていってただけたら嬉しいです。

※当店の商品は、『URiM〜こびとの雑貨店〜yahoo!ショッピングサイト店』の方でも販売をしております。
稀に お買い上げいただいた商品が行き違いによりご購入いただけない場合がございます。
その場合はメールにてご連絡させていただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。