レトロ・ヴィンテージの食器・雑貨と益子焼などの和食器のお店

ご利用ガイド
営業日カレンダー
※赤字の日は定休日です。
  • URiM〜こびとの雑貨店〜について
  • URiMが考える“昭和レトロ”とは
  • URiMの取り扱い商品について
いくつ知ってる?ファイヤーキングの種類
rss atom
益子焼/西丸太郎さんの星降る浅鉢
シェア (facebook)
益子焼/西丸太郎さんの星降る浅鉢


型番
WA00019
販売価格

3,672円(税込)

益子焼の作家、西丸太郎さんの浅鉢。

西丸さんのこの作品を最初に見た時、夜の森で星を見ているような気持ちになりました。
そのことを西丸さんに伝えると、「そのイメージで作っているんですよ。」とおっしゃっていただいたので当店では「星降るお茶碗」という品名にさせていただきました。

深いコバルトブルーが美しく、そこに散りばめられた星のような金色が特徴のうつわです。
このなんとも言えない風合いは塩釉という手法(焼成)で作られるものだとか。
土のぽつぽつした感じも素敵ですね。

眺めているとどんどんイメージがかき立てられる、とってもすてきなうつわです。


サイズ φ約16cm × 高さ 約5.5
重さ 約264g
状態 ★★★★★
益子焼の作家さん手作りのお品です。
自然な風合いをお楽しみください。
注意事項 陶器の使い始めは、お米のとぎ汁で煮沸するのが基本です。
お米のとぎ汁の粘りが、目に見えない陶器の小さな穴(このため吸水性がある)を埋めて汚れがしみにくくなるからだそう。
また、使う前によく水をかけて洗ってからお料理を盛り付けることでもシミやにおいを防ぐことができるようです。
それでもシミができる場合もありますが、そのシミもそのうつわの"味"として大切に使っていってただけたら幸いです。
この商品を買った人は、こんな商品にも興味を持っています。